09 | 2017/10 | 11

亀 梨 和 也
★ソロコン情報★

「The 一~Follow me~」

■鹿児島市民文化ホール

10/23(月)18:00(グッズ14:00-)

■福岡サンパレス

10/25(水)18:00(グッズ14:00-)

10/26(木)14:00/18:00(グッズ10:00-)

■江戸川区総合文化センター

10/30(月)18:00

【ソロコン映像化要望】

〒150-8550 JFC 亀梨和也要望係

☆雑誌・CD・DVD☆

■雑誌情報:2017年10月発売

■最新ドラマ/映画 『怪盗山猫』

・9/13『PとJK』発売中

・10/4『ボク、運命の人です。』

・12/6『美しい星』予約受付中

■ライブDVD『LIVE 10Ks!』

■最新CD(2016.3月発売)

CDS「背中越しのチャンス」「UNLOCK

CD「KAT-TUN BEST "10Ks!"

<ドラマ賞・映画賞>

▼2017年度「PとJK」「美しい星」▼

報知映画賞(11/1必着)


▼2017年度「ボク運」関係▼

ドラマ投票まとめ(ボク運)

ギャラクシー賞マイベストTV賞7/4

日刊ドラマGP(春+年間3月)6/29〆

ドラマアカデミー賞(ジョン)7/11〆

TV LIFE年間ドラマ賞(1月消印)

PROFILE

@n

Author:@n
亀梨和也くんファンブログ(´∀')
ただいま亀梨ソロ活応援強化中!
KAT-TUN充電期間も楽しく☆

メルマガ配信中♪
・[まぐまぐ]Kame's Mail~KFC
まぐまぐに登録してもメールが届かない方は↓
・[メルマ!]Kame's Mail~KFC
内容は全く同じです。ブログやメルマガに関するお問い合わせはメールフォームからお送りください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ヲタ活アイテム
 

[映画]『バンクーバーの朝日』完成披露試写会の記事まとめ

映画『バンクーバーの朝日』完成披露試写会
2014.10.15(水)18:30 TOKYO DOME CITY HALL
※上映前に記者会見

Johnny's web > KAT-TUN
10/16 TOPICS | ジャパンプレミアレポート 前編アップ

10.16(木)
◎フジ|アクア 4:19-20、4:45予告、4:47-48
◎日テレ|ZIP! 5:51予告、5:53-54、6:34-35、7:49-
◎フジ|めざまし 6:35予告、6:37-40
◎日テレ|スッキリ 9:48-50
◎日テレ|PON! 10:59-
◎フジ|スーパーニュース 17:36-
▽ローカル
◎関西|ハピくるっ 14:03前後

あとは…土曜のズムサタ&めざど&ブランチ?
日曜のシューイチは前回もあったのであるかも?

スポーツ紙は全紙カラー(6紙)
デイリーが大きめ(デイリー関西は白黒)。他は小さめ

▼Yahoo!ニュース(多分1週間程度で消える)
デイリースポーツに亀梨くんの腕が映り込み

▼10/15(水)
19:12(デイリースポーツ)妻夫木&亀梨 新作映画好評でご機嫌 バンクーバー国際映画祭観客賞受賞

俳優・妻夫木聡(33)とKAT‐TUNの亀梨和也(28)が15日、都内で行われた映画「バンクーバーの朝日」(12月20日公開)の完成報告会見に登場し、同作のカナダ・バンクーバー国際映画祭での観客賞受賞を報告した。  同賞は特別招待作品の中で、最も観客から支持を受けた作品に贈られるもので、9月に行われたワールドプレミアに参加した妻夫木と亀梨の凱旋(がいせん)会見となった。


19:32(サンケイスポーツ)妻夫木聡、撮影中の鼻血を告白「体は33歳だった」

野球経験がほぼない妻夫木の奮闘ぶりを、リトルリーグ出身の亀梨は「本当にケガしながら、やられていて」と絶賛。


19:33(日刊スポーツ)妻夫木聡「くやしいけど体は33歳です」

撮影打ち上げの昼間に、出演者チームはアマチュア野球強豪チームと試合を行ったという。勝地涼(28)は「大敗です」と苦笑いしたが、亀梨和也(28)は「土下座して、もう1回やらせてとお願いしました」と再チャレンジしたことを告白。妻夫木は「逆に点数がいっぱい入っちゃって…」と恐縮しながらも、楽しそうに振り返った。


19:45(映画.com)妻夫木聡主将「久しぶりに青春した」バンクーバー映画祭観客賞作引っ提げ凱旋

亀梨は、「芝居の前に、ランニング、ストレッチ。キャッチボールをして本当にチームだった。皆が真摯に野球と向き合い、チーム1人1人が野球に飢えていた」と強調。小学校から高校まで野球をしていた池松壮亮も、「いいチームだった。最初からではなくて、どんどんいいチームになっていく過程が面白かった」と満足げに振り返った。


19:51(Movie Walker)妻夫木聡や亀梨和也が裸の付き合い!「凍え死ぬところでした」

亀梨も「良い作品に参加させていただいた」と言葉をかみしめると、池松も「本当のプロが集った現場でした。恵まれてたなと思います」と感慨深い表情を浮かべた。
野球チームのみんなで銭湯に入るシーンは、真冬に水で薄めての撮影だったので寒かったそうだ。妻夫木は「裸のつきあいは良いけど、凍え死ぬところでした」と激白。亀梨も「上の控室にはハチもいたしね」と苦笑いしつつ「セットの近くに入浴施設があって、本当に裸のつきあいをしちゃいました」とご機嫌な笑顔を見せる。


22:08(デイリースポーツ)妻夫木聡 野球映画で主将演じ満足 キャプテンなんて、すいません

ジャパンプレミアの舞台あいさつには、野球の芝をイメージしたグリーンカーペットを歩いて登場。  亀梨も野球シーンの撮影が印象に残ったといい「石井監督は映っていないシーンでも本当にゲッツー取るまでOKが出なかった。(僕の)球筋が好きじゃないとOKが出なかったこともあります」と振り返った。


22:49(オリコン)亀梨和也、エースピッチャーを熱演「大きな財産に」

人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が15日、都内で行われた映画『バンクーバーの朝日』(12月20日公開)のジャパンプレミアに出席。戦前のカナダ・バンクーバーに実在した日系人野球チームを題材にした同作に、エースピッチャー・ロイ永西役で出演する亀梨は観客約1600人の歓声を浴び、「この作品に携われたことが自分にとっても大きな財産になりました」と喜びをかみしめた。
この日は、主演の妻夫木聡、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、宮崎あおい、石井裕也監督も出席した。
小学1年から中学1年まで野球に親しんだ亀梨と、作中でバッテリーを組んだ横浜高校野球部出身の上地は、撮影時を振り返りながら、「亀梨くんは本当にいい球を投げるんで、たぶん僕が受けた中で最高のピッチャーだった」と持ち上げると、亀梨は「それは(ニューヨーク・メッツの)松坂大輔さんでしょう」とつっこみ笑わせていた。
野球のシーンも、キャスト陣は吹き替えなしで撮影を敢行。亀梨は「たとえカメラに映らなくても、バントのシーンではちゃんとフェアに入っていないと監督からOKが出なかったり、ダブルプレーも成立するまでしっかりやるという緊張感があって、僕もストライクが入らないともう一球と言われました」と振り返っていた。
撮影の合間にも野球の練習をする妻夫木の姿を見ていた亀梨は「いきなり硬球で野球をするのって大変なんですよ。ケガをすることがあっても、めげないキャプテンでした」と尊敬の眼差しを向けていた。


22:54(シネマトゥデイ)KAT-TUN亀梨、上地雄輔にいじられまくる

キャッチャーのトム三宅を演じた上地は「平日の足元の悪い中、足を運んでいただいて、これだけたくさんの人が来てくれてうれしいです」とあいさつすると、「僕たちも今日楽しみにしてきて、カメ(亀梨)も楽しみすぎて水たまりの中、バシャバシャ来てこんなスーツになりました」と軽くジャブ。
さらに上地は、撮影の合間にみんなで岩盤浴やスーパー銭湯に行って楽しんだことを語り出し、カラオケでは「カメがずーっとKAT-TUNの歌ばかり歌っていた。その横で聡がタンバリンをたたいて、壮亮がカスタネット、お前(勝地)マラカスだっけ? で、ハーモニーがあおいです」と饒舌(じょうぜつ)。亀梨から「わけわかんないキャラ設定やめてくれる?」とクレームが入るも、いじられる亀梨の姿にファンは大喜びだった。
また、チームのエースピッチャー・ロイ永西を演じた亀梨のピッチングについて上地は「本当にいい球を投げる」と大絶賛。高校時代に上地がバッテリーを組んでいた松坂大輔投手を抜いて「僕が受けた限り、最高のピッチャーじゃないかな。(手が)すげー痛くて大変でした」と褒めちぎった。


▼10/16(木)
07:00(サンケイスポーツ)野球未経験の妻夫木聡、撮影中に鼻血!亀梨和也が奮闘ぶり絶賛

07:00(デイリースポーツ)妻夫木 久しぶりに青春しちゃいました

07:05(スポーツ報知)妻夫木聡、公園で野球練習 映画「バンクーバーの朝日」ジャパンプレミアで明かす

09:17(スポニチアネックス)妻夫木聡 野球コソ練中に鼻血…「体は33歳でした」 

10:54(Movie Walker)亀梨和也、ケガに負けない妻夫木聡を「キャプテン!」と称える

妻夫木は「自主的にもいっぱい練習しました」と言うと、亀梨も「本当にすごく練習をたくさんされていました。 ケガとかもされてましたが、それでも試合に挑む姿はキャプテンだなと思いました」と妻夫木を称えた。
横浜高校時代に、現在ニューヨーク・メッツの松坂大輔投手とバッテリーを組んでいた上地は、キャッチャー役について「亀梨くん、本当に良い球を投げるから、手が痛かった。僕の受けた中で最高のピッチャーじゃないかと」と絶賛。亀梨は「やめてください!」と恐縮すると、妻夫木たちも「松坂でしょ」と突っ込みを入れ、会場は大爆笑となった。
一番野球が上手かったのは、全員一致で池松壮亮だった。池松は「小中高とやっていて、センターで打順1番でした」とのこと。亀梨たちは「若い」「動きも良い」と感心。宮崎は、妻夫木たちを見ながら「撮影では見ていてキラキラしていて、うらやましかったです」と撮影を振り返った。監督もキャストたちを称え「最高ですから、僕は見守っていただけです」と、満足そうな表情で語った。

12:15(cinemacafe.net)亀梨和也のピッチングを上地雄輔が大絶賛!「いままで受けた中で一番」

亀梨さんは、そんなキャプテンについて「すごく練習されてました。硬式球ってすごく大変なんですよ。グローブもバットも当時のもので、最初は指にボールが当たったりして大変だったんですが、それでもやるところがキャプテンでした!」と称える。 そういう亀梨さんのエースとしての活躍も本作のみどころ! かつて、高校野球の強豪・ 横浜高の野球部に在籍し、キャッチャーとして高校時代の松坂大輔投手の球を受けた経験もある上地さんは、本作でもキャッチャーを務めたが「僕がいままで受けた中で一番のピッチャー!」と大真面目に亀梨さんの投球を絶賛! 亀梨さんは「それは松坂さんでしょ(笑)!」と恐縮していたが、客席からは歓声が沸き起こった。

Comment